読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOMOS IN THE BASEMENT

日本橋のギャラリー砂翁の地下にオープンしたギャラリーアーティストのグッズやキャンドル、キャンドルクラフト材料を扱うショップのブログ

生きろ美術館 お守り形

f:id:tomos-b:20150925125546j:plain

新しくお守りを置かせていただくことになりました。
鈴木貴博さんの作品が納められたお守り形美術館です。
(きぎ工房の片桐さんのBOX額がちょうどよかったので入れてみました)

どういったものなのかコンセプトシートも入っておりますので
ご紹介致します。

 

「生きろ美術館」

これは、お守りの形をした小さな美術館です。
中には美術作家の鈴木貴博が書き綴った「生きろ」の紙が入っています。
取り出して飾ることもできます。
鈴木は1997年から世界の様々な場所で「生きろ」という言葉を毎日書き続けています。
そんな彼のライフワークである「生きろプロジェクト」の一片を納めたのが、
この小さな美術館です。
混沌とした時代の中で「生きろ」と書き続ける行為は、今日も続いています。
彼の行為に共感される方にご購入頂けることを願います。
購入額の一部はプロジェクトの資金被災地等への寄付金とさせて頂きます。


"IKIRO Museum"

This lucky charm-shaped item is, in actuality, a small art museum. There is a sheet of "IKIRO" paper written by Takahiro Suzuki inside, that you can take out and display if you desire. Takahiro has been writing the word "IKIRO" in the world everyday since 1997. 
"IKIRO" can be translated into "Be Alive" in English. This present item contains one piece of his lifework "IKIRO" Project. His everyday act of writing "IKIRO" in good times and bad times, continues today. If this item and its corresponding meaning strikes a chord in your heart, please fell free to purchase one. A part of the purchase amount will be used for "IKIRO Project" and will donate to disaster stricken areas.

 

※寄付金はネパールのHimalaya Water Pipe Projectへ送られます。